恐るべき竜騎士・リチャード

リバイアサンをクリアしたら、ディストの城に行ってみましょう。
ディストや竜騎士、リチャードの人間関係などの情報が得ることができます。


リチャード1.jpg

リチャード2.jpg

まず、ディスト城にいる親子のうち母親の名前が判明します。
今までの会話では”母親”としか紹介されませんでしたが、彼女の名は「エリナ」であることがわかります。
それと彼女の夫の名も「フィリップ」であることが判明します。

上の会話からだと、どうやらリチャード、エリナ、フィリップは旧知の仲のようであります。

ここで重要なのはリチャードはひそかにエリナを狙っているということです。
さりげなくリチャードはエリナに気を遣い、
「気をしっかり持てよ。俺がついているから。」
…さりげなく頼れる男をアピールです。

さらに!
「世界が平和になったら戻ってくる」
間髪入れず二の矢を放っています。

ただでさえエリナは国が滅亡し、夫を亡くし、生き残りが自分と息子1人だけで城にとどまっているという状況で非常に心細いハズです。
だれかに頼りたい気持ちは当然あるでしょう。

そんな状況の中、お互いよく知っている仲のリチャードが「白馬の騎士」のごとく現れたのです。
これはかなりポイント高い!

夫を亡くし、心細く思っている女を狙っているリチャードはさらに勇猛果敢に攻めます!
このチャンスを逃しません!

リチャード3.jpg

エリナの子供に対し、
「きっと皇帝を倒して戻ってくるよ。そうしたら君のお父さんになっていいかな?」

ナナナナ、ナント大胆な発言なんでしょうか!?

リチャードとエリナの会話から推測すると、
まだこの2人はさほど深い関係になっていないと推測されます。
まだリチャードが一方的にエリナに恋心を抱いているといった感じでしょうか?

にもかかわらずこの発言です!
これは間違いなく「子供懐柔作戦」です!

いきなりエリナを落とすよりは、子供から落としたほうがよいとリチャードは踏んだようです。
急いては事を仕損じます。
先ずはじっくり外堀から攻めていく。
諸葛亮もびっくり、リチャードの冷静沈着・頭脳プレーです。


恐るべし竜騎士・リチャード。
なんという行動力と実行力でしょうか?

飛竜を自在に操る竜騎士は人間を操ることなんてお手の物なのでしょうか?
虎視眈々、狙った獲物は逃さないといった感じです。
おそらくエリナがフィリップと一緒になる以前からリチャードはエリナを狙っていたのでしょう。


婚活ブーム、肉食系女子・草食系男子が叫ばれる昨今、このリチャードの恋愛行動力は是非とも僕も見習わなければなりません。


と、リチャードのスゴさを改めて感じておりますが、
リチャードは終盤死にます。
結局リチャードはエリナと結ばれません。

当時小学生の僕でさえこの会話で、「ああ、リチャードはこの女の人と一緒になるんだなぁ」と思ったものですが、
このゲームの製作者はあっさりとリチャードを殺します。


子供ながらになんて非道いゲームなんだと思ったものです。


この記事へのコメント
リチャードはすごいなあ。行動力がありますね。
いい男だとおもいます。
Posted by at 2012年07月29日 02:11
わろたw
着眼点が凄すぎ。
FF2といえば河津神がシナリオを手掛けてらしたのよね
Posted by レイラ at 2016年04月09日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。